• 水辺の犬
    ペットが他界した後の供養の方法

    ペットを飼い始める理由は人それぞれですが、一緒に生活を送っていれば深い愛情を注ぐようになります。ただ...

    Read More
  • 物陰から見る白い猫
    その日が来る前に考えよう

    ペットを家族の一員としてかわいがっている家庭は少なくありません。一方で、残念なことにペットとして飼わ...

    Read More
  • 仲良しの黒猫と犬
    増えるペット葬儀業者

    日本では、以前にも増してペットを飼う人が増えているようです。長年一緒に暮らしたペットが亡くなってしま...

    Read More
  • 青い目のネコ
    ペット霊園に納骨する場合

    ペット霊園の納骨堂は、屋外墓地に比べて低価格のため、利用者が多いようです。一般的に棚型やロッカー型に...

    Read More
青い目のネコ

ペット霊園の納骨堂は、屋外墓地に比べて低価格のため、利用者が多いようです。
一般的に棚型やロッカー型になっており、骨壺と写真・お花を飾る形式になっています。
費用は霊園によってかなり差があり、低価格のところで年間1万円から、豪勢なところは年間10万円以上になります。
お参りはいつでも自由にできます。
室内が明るい雰囲気の納骨堂が多く、飼い主さんのメンタルケアにも考慮されています。 続きを読む

白黒のネコ

ペットは大切な家族です。
病気や寿命で亡くなってしまったときは、計り知れない悲しみに暮れることになります。
しかし、きちんと天国に送ってあげるためにも、葬儀を行わなければいけません。
葬儀は公営・県営・市営の自治体だと数千円で行っていますが、遺骨の返却はなく、合同葬になる場合がほとんどのため、民間企業経営の霊園に依頼する飼い主さんが多いようです。 続きを読む

物陰から見る白い猫

ペットを家族の一員としてかわいがっている家庭は少なくありません。
一方で、残念なことにペットとして飼われる動物の多くは人間より短命です。
例えば、犬の場合、小型・中型犬は15年程度、大型犬で10年程度と言われています。
猫も10年から15年程度であることが一般的です。
将来訪れるお別れの日に備え、愛するペットをどんな形で見送ってあげるか、知っておくことはとても大切です。
動物を飼育する家庭が増えたことを背景に、ペットのお葬式を執り行う葬儀社も増加しています。
葬儀社によって、さまざまな葬儀のプランが用意されています。 続きを読む

カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
オススメリンク